AAセクシュアルマイノリティのはじまり

『あけましておめでとうございます。
セクシュアルマイノリティミーティングが正式に発足したのは、2005年1月です。今年で5年がたちます。

2004年の年明けに、三人のメンバーが渋谷のインドカレー屋で、ビックブックを使ったミーティングがもっと欲しいことや、継続したメッセージ活動の場が欲しいという話をしたことがはじまりでした。
新宿二丁目にあるaktaさんのスペースを借りれたら・・・という話も出ましたが、この時点では、すべて「絵に描いた餅」でした。
それからしばらくは、カラオケボックスで月一回わかちあいをしながら、準備段階に入りました。
その後、2005年1月に正式に発足してからは公民館や喫茶店の会議室をお借りして、月1回の集まりを継続していきました。

2005年の春季ラウンドアップの中の一企画としてミーティングを開かせてもらったこともあります。
秋になる頃には、aktaさんのスペースをお借りすることもできて、かなり短期間に「絵に描いた餅」は実現してしまいました。
思っていたよりも多くの仲間がつながってくれ、しかも定着してくれる仲間も多かったのです。
活動するにあたっては、ホームグループ、スポンサーシップを大切にする集まりだということを強調しました。
特別ミーティングですが、外部へのメッセージ性が強い集まりだったので、AA全体への責任もありました。
ただ、強調はしても強要はしないわりに、メンバーの大半がホームグループやスポンサーシップはもちろん、全体サービスにも関わって熱心に活動しています。
現在は第三世代の仲間たちが、ミーティングを担ってくれています。

2006年からブログを開設。最近はインターネットの普及で、ブログを見てこの集まりに来てくれる方も珍しくありません。
ですが「過去どのようであり、今どうなっているか」「12のステップを日々の中でどう使っていくのか」のわかちあいは、変わることがありません。

最後に、こうした集まりが作られた原点には、1999年のあるメンバーのオープンスピーカーミーティングでの勇気あるカミングアウトと、2000年に開かれたゲイ&レズビアンミーティングの存在があります。感謝すると共に、全国各地にセクシュアルマイノリティミーティングが出来ればいいな、と願っています。
そして、煎じ詰めれば、年齢・性別・立場を超えてAA全体の持つダイナミクスにふれられますように。それは、リビング・ソーバー、人生を喜べることにつながるのですから。』

AAセクシュアルマイノリティ・ミーティング創設時のメンバーのご挨拶です。
今年も、私たちは毎月ミーティングを開催します。

毎月第3木曜日 1900~2130時
新宿2丁目 コミュニティセンターakta
http://www.rainbowring.org/akta/

ミーティングではアルコールをやめて生きる選択をした、セクシュアルマイノリティのAAメンバーがそれぞれの体験を話します。
アルコールの問題に関心のあるセクシュアルマイノリティ(レズビアン/ゲイ/バイセクシュアル/トランスジェンダーなど)の方ならば、どなたでもご参加いただけます。

ミーティングの形式は「言いっぱなし/聞きっぱなし」です。一人が自分の話をしている間、他の参加者はひたすら黙って聞いています。自分の話をしたくなければパスしてもかまいません。
ミーティングで話されたことは、一切秘密です。外部に漏れることはありません。

ミーティングのはじめに「アルコホーリクス・アノニマス」(通称:ビッグブック)という本の一節を輪読します。ビッグブックをお持ちでない方のために、貸し出し用の本の用意もあります。

参加費もいりません。
1900時に間に合わなくてもかまいません。
本名を明かす必要もありません(メンバーはAAだけで使う名前を名乗ります ネットのハンドル・ネームのようなものです)。
お気軽においでください。

ブログでは、みなさんのご意見/ご感想をお待ちしています。
TrackbackやCommentsを自由に書き込んでください。
それでは、みなさん今年もよろしく。
[PR]
by aa-sekumi | 2010-01-01 13:26 | Comments(0)
<< セクシュアルマイノリティ・ミー... 砕かれた街 >>