人気ブログランキング |

<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4月のミーティングのご案内

*日程が変更になりました*

☆★ 4月のミーティングのご案内 ★☆
    日時: 2013年 4月11日(木) 19:00 〜 21:00
         19:00 〜 『分かち合い』
         20:30 〜 『ビジネスミーティング』
    場所: 新宿2丁目 コミュニティセンターakta
        http://www.rainbowring.org/akta/

  注 : AAセクシュアルマイノリティミーティングは
    毎月第3木曜日に開催していますが,
    当月に限り第2木曜日の11日開催となります.

*このミーティングはダブル・クローズドです.
 参加者はセクシュアルマイノリティの方で,かつお酒の問題がある方.
 AAなので,分かち合いの内容はお酒の問題についてとします.

by aa-sekumi | 2013-03-22 07:42 | 自助グループ | Comments(0)

仲間の体験談—ルーさん Part 2

 アル中のルーです.ボクの先延ばしで,続きが遅くなりました.
 高校時代,部活だけは熱心にやっていたんだ.でも雨の日は必ず遅刻.かばんに私服を詰め込んで行って,下校と共に新宿歌舞伎町のディスコに繰り出すんだ.お目当ての女の子がいた訳ではないし,フリードリンクのアルコールを飲みまくる訳でも無かったけれど,あの解放感! 良かったなぁ.
 普段の日は,部活を終えて,帰りにダブルスのパートナーと駅ビルのレストラン街で,お茶したり,ご飯を食べるのが習慣だった.パフェにもはまったなぁ.飲食代はボク持ちだった.「おごるから付き合って!」って言うのがボクのお約束だった.お金は親から盗ったものだ.ボク,親の金に手を付けたのは,小1の頃からだった.あの時は,家の貯金箱ごと,デパートに持って行き,1円,5円玉を座り込んで10円ずつ並べて,ソフトクリームを友達におごってあげたんだ.金で友達作りしているつもりは無かったけれど,その後,中学では親父の財布から万券に手を出す様になり,高校では家の商品券にも.「お前,なんでそんなに金持っているの?」ってたまに聞かれた.適当にごまかしていたんだろうけど,この癖は止められなかった.
 アルコールを初めて口にしたのは,10才位の時だったと思う.日曜日に親父が晩酌の時に1杯進めてくれたんだ.感想は…苦い,だったけど,飲み干した.その後も,たまに飲ませて貰っていた.飲み会っていうのは,中3の夏休みにクラスの女子の部屋に男女5人ずつ位で集まったんだ.酒屋で焼酎の樹氷を割るジュースやら買って,部屋で女子が作ってくれた.他の男子が酔っ払って寝ちゃう中でボクは,お代わりを続けた.女子達が「凄いね!強いね!」って,何か誉められている感じがして,優越感に浸ったのを覚えている.高校時代は,前に述べたディスコでと,中間,期末試験の後にクラスで飲み会はやっていたけど(友達の知り合いの店で,マスターが一般客とは別にカラオケ付きの奥座敷で飲ませてくれた),それ位だった.
 男同士で,「好きなアイドルは?」って.これは苦手だったけど,中学時代は,彼女が好きだった斉藤由紀にしておいた.無理して『卒業』とかを買って聴いた.高校時代は,ショートカットのアイドル達,浅香唯とかにしておいた.ボーイッシュだったからかなあ.でも実際,ネタにしていたのは,エロ本の男優のお尻か,レンタルビデオでは『童貞物語』とかの,或は家でダビングした連ドラの学園物とかの,それだった.ネタにはしないまでも好きな男性芸能人が出演しているドラマなんかは,必ずダビングしていたなあ.他にも,学校の住所録から,夜にチャリンコで駅1つ離れたイイな!って男子の家を探り当てて,表札見ただけでドキドキして,脇から風呂場の前にもいった.誰か入浴中だったけど,勝手に彼だ!って決め付けてムラムラしたりもしたんだ.
 そして取り合えずは,高校卒業した.進路は周りに流されるまま,浪人して進学する事にした.この浪人生活は,ひどい物だった.午前中,新宿の予備校に通うんだけど,遅刻だなって時は,新宿でスロットのモーニングに並び,夕方,地元の予備校の自習室で勉強している高校時代の悪友達の所に行って「飲むよ!」って.飲んで,歌って,麻雀打って,ラーメン屋で時間潰して,そのまま地元でモーニングに並ぶ.毎日ではないけど,そんな感じでダラダラと現実から逃げて過ごしていた.翌年の2月初めだった.雀荘で,今日が最後ね!って….ボクしかり皆も2浪だと思っていた.でもボク受かっちゃったんだ.選択肢が主だった.古文は丸ごと直前の予備校の予想問題だった! 帰りの電車の中,解答と照らし合わせる.(ヤバイ!当たっちゃってるよ…受かっちゃったかも…)隣の悪友(ボクこそ…)に言うと,一言「殺すよ!」って….結果は合格してしまった.当時は非難ブーブーだったけど,後々,彼らから受かってくれて良かったって.2浪時代も,あんな生活になっちゃったらって….
 大学は横浜市にあった.ボクの1人暮らしが始まって,テニスサークルに入った.その顔合わせコンパ! お馬鹿キャラ成功だ! 先輩からは「ルー!」と名付けられ,同期とも息が合って直ぐに仲良くなった.そして,ボク自身初めて好きな(様な気がした)女の子がサークル内でできたんだ.でも先輩に取られちゃってて….それ知って,部屋でウィスキー1本を30分位で空けたのを覚えている.友達2人が付き添ってくれていたんだけど,マンションの下まで送って別れた後,そこでゲーゲー吐いたんだ.
 とは言え,丁度その頃,1人の女性と付き合い始めたんだ.前回書いた,高1の時に友達を紹介してくれたボクの中学同級生だ.その夏に彼女はアメリカに留学するのを知っている上で付き合ったのだけど,彼女がホテルを求めて来ても,「夏,行っちゃうんだろう! お前の体,大事にしたいから」って断ったんだ.上辺だけで少しも理由になっていないなって自分でも感じていたけど….単純に怖かったんだ….
 そんなボクだけど,と言うか,だからか,彼女と付き合い始めて,実は仮性包茎の手術を受けていたんだ.彼女,高校時代もアメリカにショートステイしていた.アメリカ人って確か赤ちゃんの時に包茎手術をしていて,皆,むけチン!って聞いた覚えがあって….ジャスト10万円.後日,親父にTELでその事を告げ,費用を会社まで貰いに行ったんだ.親父が,「そんなのペロッとむいときゃイイんだよ!」って….その年末,実家に戻った時,ボクの机の上にコンドーム1ケースが親父から置かれていたんだ.結局セックスには使えなかったけれど…(オナニーに使った(笑),こりゃ楽だ!って(笑)).でも,この手術後に,あの中3の冬場,朝授業前に校庭を全校生徒で走る時間があって,友達3人が「くすぐったい!」って股間を押さえながら走っていた意味がやっと分かったんだ.
 サークルでは(水)(土)と2回練習があって,その後はファミレスなどに寄った後,横浜の行きつけの居酒屋に行ったり,ボクや他の1人暮らしの部屋に集まって飲んだり,麻雀したりしていたけど,毎日飲む訳でも無く,ジュースで麻雀とかファミコンとか連ドラ見たりとかしていた.ボクらの代は,凄い仲が良かったんだ.ボク含め5人が1人暮らしだったから,誰がしかの部屋には集まっていた.親友!って感じたのは,初めてだった.
 そして,その秋,人生初めて女性に告白する日が来たんだ! クラスメイトで可愛くて仲も良い子だった.結果は翌月曜日に答えて貰う事になった.その週末,ボクのサークル含め仲良し4団体で恒例のテニス合宿があった.その間,同期からも先輩からも期待されて,あのドキドキ,ワクワク感….そして返事を貰う.OKだった! 「良し!」って,凄い嬉しかった.デートも楽しかった.原宿に住んでいる先輩にチャリ借りて2人乗りで街を巡って途中でカフェに入ったり,ボクの車(親から借り出してほとんど私物化していた)でクラブに行こうとしたけれど結局辿り着けなかったり,お約束のスポット,湘南平の夜景を見に行ったり,ボクの中では順調だったんだ.自分の12月初めの20歳の誕生日前に童貞を捨てたかった.でもそれは夢に終わった.ボクのだらし無さが原因だろう.初めてちょっと部屋に上げた時,既にガスと電気が止められていて,水道は…蛇口をひねる前にボクが小便をして流したら流れたんだ.OK!って,部屋で誰かと電話していたら彼女から「ねぇ,流れないんだけど…」って….トイレの水の単純なシステム…無知過ぎだった.「ごめん! これ流しといて!」って,とっさに『午後ティミルク』のペットボトルを渡したんだ.その日の別れ際にも「見ないでよ…」って言われちゃって….
 ボクの誕生日当日.食事したりして彼女の家まで送って終わった.勿論,誘いはかけてたけど….ボクは,もう20歳にもなっちゃったし,焦らなくてもイブがあるじゃん! その数日後には彼女の誕生日も!って楽勝気分でいたんだ.イブのプレゼントに友達と関内のティファニーでリングを買ったんだ! それと誕生日もあるからって,もう1品ネックレスか何かを買った覚えがある.ボク自身,ガキの頃から12月ってだけで,誕生日とクリスマスのプレゼントを一緒にされていたけれど….
 イブの日,彼女に補講があって学食で待ち合わせをしていた.ボクは実家から車で向かったんだけど…いつものルートとは違い,ちょっとリッチに首都高を使ったんだけど…途中からピクリとも動かなくなった.普段,混んでも1時間半位なのに,なんと6時間も掛かったんだ.4時間の遅刻…携帯電話もない当時だ.もう帰っちゃったよなぁ,怒っているんだろうなぁ.半ば諦め気分で行くと…いたんだ! 彼女が友達と学食の前の階段で泣きながら座っていた.事情を話して謝り,分かって貰えた.デートは関内でしたが,普段なら30分で行くのに,1時間半だ.帰りに彼女の千葉の家まで送るんだけど,ものすごい睡魔に襲われた.首都高を窓全開でボリューム全開で走ったのを覚えている.それを見て彼女が笑っていたのも.やっと彼女の家に着き,プレゼントを渡したんだ.彼女すっごい驚いて喜んでくれた.帰り道「良し!…良し!」って,嬉しくて仕様がなかった.
 彼女の誕生日が来た.この日に!って強く思っていた.すると彼女からも,お泊りOKって!,デートコース,何処で何を食べたとかは思い出せない.ただ,憶えているのは,惨めな自分の姿だけだ.ベッドインして…,「初めて?」とか聞いちゃって…(ズバリお前!自分だろ!ですよねぇ(笑)).それで,相手のを触っても,下手だから以前に,初めてだから焦っているし,痛がられて….更に,肝心要のボクの息子が起立しないんだ….動揺して「ちょっと待って…」って,1人トイレに駆け込み必死に乳首や陰部を刺激するけど,半立ちのまま勃起してくれないんだ.これには参った.彼女には謝るしかなかった,酒,飲み過ぎたかなぁ,とも.セックスの時には勃起する物だって決め付けていたんだ.翌朝,息子はパンパンに朝立ちしていたけれど….その後,ボクから彼女の体を求める事は無くなって,デートは何回かしたけど,彼女から「もう止めよう?」って言われたんだ.その言葉の意味が,別れよう,の意味だった事は,その場で直ぐに感じ取られた.でも,当時のボクは「えっ?何を?」って….イブの日に彼女が泣きながらボクを待っていてくれていた,あの階段での事だった.ボク自身との彼女との関係…肉欲なんて無くって,やっぱり形式的な感覚だったんだろうなぁ.今,振り返ると…頑張った方じゃん!って….
 そして2年生を迎え,ボクは成績不振の為,これまた形式的な理由で学校のある町に住めば授業も出られるから単位も!って,引っ越したんだ.ここで同じアパートに住んでいたG君と出会い,その冬から彼がやっていたスノーボードをやる様になるんだけれど,このスノーボードで翌年,忘れもしない2月10日,脳挫傷の大事故を起こし,生死をさまよったんだ.そして幸いにも九死に一生を得たボクは,家族,親戚一同,そしてサークルの親友達のボクの命に対する,計り知れない感謝の思いとは裏腹に,これを機に,酒に溺れる道を歩む事になるんだ.その話は次回に話させて貰います.
by aa-sekumi | 2013-03-11 17:27 | セクシュアルマイノリティ | Comments(0)